なぜしこりニキビができるのか

前々から疑問だったのですが、「なぜしこりニキビができるのか」ということを今日調べてみました。

なんで急にと思うかもしれませんが、昔出来たしこりニキビと同じ場所に再発してしまったんですよ。まあ普通のニキビも同じケースが多いですよね。同じ場所に出来るということは、特定の原因があるんではないかと思ったわけです。

これから説明していきますが、自分で調べて参考にさせてもらったサイトだけ先に紹介しておきます。しこりニキビの原因と効果的な治療法というサイトで、トップページにしこりニキビの基本的な説明だけでなく、原因と治療法の大まかな説明が書いてあります。その他にも場所ごとの治し方やケース別の治療法も載っているので非常に役に立つサイトです。

ニキビが傷つく

まずしこりニキビの第一の原因は普通のニキビ傷つくことだそうです。普通のニキビは毛穴にアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態ですよね。そのニキビを手で触ったり、衣類でこすったり、何かしら外的な圧力を加えたりして傷つけてしまうことがあります。

一般的な切り傷もそうですが、傷ができると膿が出ることがあります。しこりニキビの場合、その膿のような物質(繊維組織)がニキビの中に貯まっていくそうです。これが「しこり」に相当するわけです。

しこりは治療中の証

私は今までしこりニキビは放っておくと治らないで大きくなったり悪化したりすると思っていましたが、どうやら自然に治るようです。先ほど紹介した繊維組織は傷を塞ぐ物質なので、それが出ているということはニキビの傷を修復中という証なのです。だから傷が治れば自然としこりも消えるわけです。

でも大抵の人は「このしこりやばいなぁ」と思って、指でコリコリしたり潰そうとしますよね。それがしこりニキビを悪化させる原因だったのです!「なかなか治らない」のは当たり前!だって、自分で傷の治りを遅くしているわけですから(笑)しこりニキビは自然治癒に任せることが大事ですね。

治ったら予防を考える

今回、しこりニキビの原因がわかったので、次からニキビにしこりができないように予防することを決めました。20代女子という大人ニキビができやすいのは仕方がないので、それがしこりニキビにならないために、とにかくニキビをむやみに触らないようにします。触れるのは洗顔や化粧水など、スキンケアタイムだけ!これにつきます。

以上、色々と書きましたが、今の自分の状況に悩んでいる人は、とにかく調べることが大事だと思います。正確な情報がない中で自分の思ったままに行動すると状況を悪化させるだけです。ニキビは皮膚病の一種で、原因も治療法もあります。病院の皮膚科に行けば治療薬はたくさん用意されています。不安な人は専門家に意見を聞くことも大事ですね。