しこりニキビは治りかけが一番危ない!

「お~、そろそろしこりが小さくなってきたな。もう少しでしこりニキビ治るわ~」

はい、この安心、うれしいですが、こういう治りかけのしこりニキビが一番危ないんですよ!病気は治りかけに一番油断します。よく映画とかでも、危険は脱したと思われた瞬間に死んでしまうなんていうのはよくありますよね。

私も先月しこりニキビがいったん沈静化しましたという記事を投稿しました。でもこの裏ではちょっとした一騒動ありました(笑)治りかけだったからちょっと手で触ったり、化粧水とかをごしごしと浸透させていました。するとしこりの中で何かが起こったのか…翌朝ぷっくりとまたしこりが大きくなっていたんですよ泣。

治りかけが一番危ないというのは、このような気のゆるみです。今ならもっといけるだろうとか、そういう慢心です。

しこりニキビは中で傷が癒えている証拠ではありますが、ちょっとした刺激で悪化しやすい敏感な症状です。くれぐれも「お、もういいかな」なんて言って手で触れたりしないように注意しましょう。

洗顔時にはそっとお湯で触れる程度で大丈夫です。化粧水はつける必要ありません。乳液なども論外です。ちゃんと栄養のあるご飯を食べて、放っておけば自然と治るのがしこりニキビです。